職場の人間関係に疲れたときの対処法とは?原因やストレスを溜めるリスクを解説

職場の人間関係に疲れたときの対処法とは?原因やストレスを溜めるリスクを解説|GARDEN

職場は1日の大半を過ごす場所であり、人間関係に疲れることがあります。しかし、転職や異動をしない限り環境は変わらないため、対処法を理解してストレスを回避することが重要です。今回は、職場の人間関係に疲れたときの対処法を解説します。

職場の人間関係に疲れる主な原因

職場の人間関係に疲れる主な原因

職場の人間関係に疲れる主な原因には、次のようなものが挙げられます。

  • 相手の意見を優先しすぎてしまう
  • 苦手な上司・同僚がいる
  • モチベーションに差がある
  • 他人と比べてしまう
  • 仕事の成果が出ない
  • 仕事とプライベートを割り切れない
  • コミュニケーションが十分に取れない

それぞれの原因について詳しく解説します。

相手の意見を優先しすぎてしまう

職場の人間関係に疲れる人は、相手の意見を優先しすぎてしまう特徴があります。たとえば、同僚に仕事を頼まれたとき、すでに多くの業務量を抱えている場合でも引き受けてしまうことがあるようです。「断ったら相手が大変になるかも……」と考えて、相手を優先してしまいます。

また、「断ったら嫌われるかも……」と考える場合もあり、場の空気を壊さないために引き受ける人もいるかもしれません。心に余裕があるうちは頑張れますが、忙しい時期に頼まれごとが増えてくるとストレスが溜まり、人間関係の疲れにつながることがあります。

苦手な上司・同僚がいる

職場の人とは、ほぼ毎日顔を合わせるため、うまく人付き合いしたいと考えることもあるでしょう。しかし、人には相性があるため、職場の人と考え方や価値観が合わないこともあります。とくに話をするわけでもないのに同じ空間にいるだけで、ストレスを感じてしまうこともあるようです。

また、仕事によっては密にやり取りして業務を進めなければいけないこともあります。しかし、根本的に考え方や価値観が異なる場合は、うまく連携が取れずにミスや失敗につながることもあるかもしれません。結果的にストレスが増幅して、職場の人間関係に疲弊してしまうことがあります。

モチベーションに差がある

同じ職場で働く人でも、個々で仕事に対するモチベーションが異なることがあります。モチベーションに差があるのは仕方のないことかもしれませんが、それがストレスの原因になる場合があるようです。とくに、熱量が低い人と熱量が高い人との温度差が激しいほど、ストレス度合いが高まると言われています。

たとえば、仕事に対する熱量が低い人は、定時に仕事を終えてプライベートな時間を楽しみたいと考える傾向があります。一方、熱量が高い人は残業してでも目標達成を目指したいと考えるため、双方で仕事の向き合い方に温度差が生まれるようです。

他人と比べてしまう

人間関係に疲れるのは、他人と比較してしまうことが原因かもしれません。他人との比較が良い方向に向くと「頑張ろう!」と前向きな気持ちになりますが、ネガティブな感情を抱くとストレスにつながることがあるようです。

たとえば、職場の同期でも出世のスピードや成績が異なることがあります。自分と同期を比べて「出世している」「営業成績を残している」など、嫉妬心や自己嫌悪を抱く人がいるようです。心に余裕がなくなり攻撃的な態度になることもあるため、人間関係が悪くなる場合もあります。

仕事の成果が出ない

仕事で成果が出ないと心に余裕がなくなってしまい、職場の人間関係に気を配れなくなることもあるかもしれません。仕事で結果が出ない焦りやイライラから攻撃的になり、職場の人間関係が悪化して疲れてしまうこともあります。

職場での人間関係の悪化から仕事のサポートが得られにくくなるため、さらに負のループに陥る人もいます。「仕事の成果が出なくて心に余裕がないな……」と感じるときは、同僚や部下と話す機会を減らすのもひとつの方法です。人との接触を抑えることで、無駄に周りを傷つけることを回避できるかもしれません。

仕事とプライベートを割り切れない

人間関係に疲れるのは、仕事とプライベートを割り切れないことが原因のひとつに考えられます。仕事とプライベートを切り替えられる人は、高い熱量と集中力を維持したまま業務に取り組めます。しかし、プライベートで感情が乱れることが起きると、職場で平常心を保てなくなる人もいるようです。

たとえば、家族や恋人と喧嘩をしたりペットが体調を崩していたりなどが挙げられます。仕事とプライベートをうまく切り替えられるのが理想ですが、すべての人がうまく割り切れるわけではありません。プライベートで心が乱れる出来事が起きたときは、「割り切れないこともある」と意識を変えると心が少し軽くなるようです。

コミュニケーションが十分に取れない

仕事を円滑に進めるには、職場内での連携が重要だと言われています。しかし、コミュニケーションが取れていないと、「指示が曖昧」「会話が噛み合わない」「スケジュールに遅れが生じる」など、業務に支障が出ることがあるようです。

業務の遅れは取引先や顧客に迷惑をかけ、企業への不信感につながることがあります。また、言動のすれ違いや意思疎通の失敗で仕事が思うように進まなくなるため、職場での人間関係にストレスを感じるようです。とくに、相手と考え方や価値観が異なる場合は、心理的負担が大きくなり、やり取りに支障が出ることがあります。

職場の人間関係に疲れやすい4つのタイプとは?

職場の人間関係に疲れやすい4つのタイプとは?

職場の人間関係に疲れやすいタイプには、次のようなものが挙げられます。

  • 真面目
  • 気を遣いすぎる
  • プライドが高い
  • 劣等感が強い

それぞれのタイプについて詳しく解説します。

1.真面目

職場の人間関係に疲れやすいのは、真面目なタイプであることが考えられます。真面目な人は、責任感が強く、任された仕事を最後までやり通す力があります。また、目標達成に向けてコツコツ努力するのが得意で手抜きや妥協しない傾向があり、仕事では高く評価されることもあるようです。

一方で、冗談が通じづらい側面があります。周りから言われた言葉をそのまま受け取ってしまい、コミュニケーションに支障が出ることがあるようです。なかには、冗談に本気で反論してしまい、職場での人間関係が悪くなることもあります。

2.気を遣いすぎる

職場での人間関係が疲れる人は、周りに気を遣いすぎていることが考えられます。周りに気を遣いすぎる人は、相手の何気ない言葉や不機嫌そうな表情を敏感に察知し、「何か悪いことしたかな……」と不安になるようです。

また、周りに気を遣える人はやさしい性格で、頼まれごとを断れない側面もあります。「自分が断ると相手が困るかもしれない……」と考えて、すでに多くの仕事量を抱えているのに引き受けてしまうことがあるようです。結果的に疲れが限界に達して心に余裕がなくなり、職場での人間関係に疲弊してしまうことがあります。

3.プライドが高い

職場での人間関係が疲れる人は、プライドが高すぎることが考えられます。プライドが高い人は自分に自信があり、「自分は周りより優れている」という考えに陥る傾向があるようです。無意識に相手を見下しており、同僚や部下との会話で上から目線で話してしまうことがあります。

一方で、自分の評価を気にする側面があり、上司や取引先など目上の人には必要以上に媚を売ることもあるようです。接する相手によって態度を大きく変えるため、周りから反感を買うこともあります。結果的に職場の人間関係に影響が出て、人付き合いに疲れることがあるようです。

4.劣等感が強い

自分は周りより劣っているという意識が強い人は、職場の人間関係に疲れることがあります。周囲に認めてもらいたい気持ちが先行するため、同僚や部下に対して批判的な言動が増えるようです。ピリピリした空気感が漂い、周りから距離を置かれることもあります。

一方で、劣等感が内面に向かう人もいるようです。「自分には価値はない……」と思い込み、自虐発言が増える人もいます。繊細で些細なことで傷つきやすい側面もあるため、職場の人間関係に影響が出て、ストレスにつながることがあるようです。

職場の人間関係でストレスを溜め続けることのリスク

職場の人間関係でストレスを溜め続けることのリスク

職場の人間関係でストレスを溜め続けるリスクには、次のようなものが挙げられます。

  • 睡眠の質が悪くなる
  • モチベーションが下がる
  • 落ち込みやすくなる
  • 何事も楽しくなくなる

それぞれのリスクについて詳しく解説します。

睡眠の質が悪くなる

職場の人間関係でストレスを溜め続けると、睡眠の質が悪くなることがあります。たとえば、寝つきが悪くなったり夜中に目が覚めたり、眠れたとしても朝に疲れが残っていたりすることがあるようです。ストレスで睡眠の質が下がるのは、自律神経の乱れが原因だと言われています。

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。日中は交感神経を優位に活動し、夜は副交感神経を優位にして体を休めるモードに入ります。また、睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠があります。レム睡眠は交感神経が優位で、ノンレム睡眠では副交感神経が優位になるようです。

ノンレム睡眠は大脳を休める深い睡眠で、このときに脳や肉体の疲労回復がおこなわれるようです。しかしストレスを感じているときは交感神経が優位になるため、深い眠りをもたらすノンレム睡眠に移行できないことがあります。結果的に翌朝に疲れやストレスが残り、負のスパイラルに陥ることがあるようです。

モチベーションが下がる

ストレスを溜め続けると、仕事に対するモチベーションが下がることがあります。仕事の生産性や業務効率にも影響するため、職場での評価が下がる要因になることもあるようです。

自分の評価が下がると、「自分はダメな人間だ」「誰からも必要とされていない」と、ネガティブ思考に陥ります。結果的に、職場の人間関係だけでなく、仕事へのストレスも感じ始めることもあるようです。職場に相談相手がいない場合は、孤立してしまうことがあります。

落ち込みやすくなる

職場の人間関係でストレスを溜め続けると、ストレス耐性が落ちると言われています。上司や同僚からの何気ない言葉に傷ついて、落ち込みやすくなるようです。一度落ち込むと回復するまでに時間がかかり、仕事にも前向きになれないことがあります。

また、落ち込むだけでなく、イライラしたり不安を感じたりなど精神的に不安定になることもあるようです。このような状態を放置すると、心の病気を発症することがあるようです。

何事も楽しくなくなる

ストレスが溜まると自律神経が乱れて、何をしても楽しいと感じなくなることがあります。以前は楽しいと思えた仕事が楽しくなくなるのは、ストレスで感度が鈍るためだと言われています。

好きな仕事でも気持ちが動かず、心から楽しいと思えなくなるようです。うつ病に近い状態になると、仕事だけでなく、趣味や日常生活でさえ楽しさを感じなくなる場合もあります。症状が悪化することもあるため、受診するなど早めに対策を取ることが重要です。

職場の人間関係で疲れたときの対処法

職場の人間関係で疲れたときの対処法

職場の人間関係で疲れたときの対処法には、次のようなものが挙げられます。

  • 社外のコミュニティに参加してみる
  • プライベートを充実させる
  • 新しいことを始める
  • 人間関係を見直す
  • 環境を変えてみる
  • 誰かに相談する

それぞれの対処法について詳しく解説します。

社外のコミュニティに参加してみる

職場には、同じ考え方や価値観の人が集まりやすいと言われています。人間関係に疲れるのは、職場の人との考え方や価値観が合わないことが原因である可能性があります。異なる考え方や価値観に触れるために、社外のコミュニティに参加するのがおすすめです。

社外のコミュニティに参加すると、異なる考え方や価値観に触れられるだけでなく、自分の悩みを別の視点で捉えられたり気分転換できたりなどのメリットがあります。また、社外コミュニティで新たな人間関係ができると、心が軽くなることもあるようです。

プライベートを充実させる

職場の人間関係で疲れたときは、プライベートを充実させるのもひとつの方法です。仕事と切り離して過ごせるプライベートな時間があることで、ストレス発散につながる場合があります。

また、会社とは別の居場所を作れるため、職場の人間関係が気にならなくなることがあるようです。プライベートな時間があることで心に余裕が生まれ、仕事にも前向きになれるでしょう。結果的に、職場の人間関係にも良い影響をもたらす場合もあるようです。

新しいことを始める

職場の人間関係で疲れたときは、新しいことを始めるのもおすすめです。仕事の人間関係が気にならなくなるほど新しいことに打ち込めば、悩みや不安を抱える時間が減ります。資格や言語習得など仕事につながるスキルを身につければ、職場で高く評価されることもあるようです。

スキルの習得で、これまで見えなかった自分の新しい能力が開花することもあります。高い評価を受けると自信にもつながるため、人間関係にも良い影響が出ることもあるようです。

人間関係を見直す

職場の人間関係で疲れたときは、人間関係を見直すのもひとつの方法です。人には相性があり、全員と良好な人間関係を築くのは難しいです。このようなときは無理して良好な関係を築こうとせず、付き合う人を絞るのが良いかもしれません。

しかし、仕事をおこなううえで、人付き合いが必要な場面もあります。苦手な相手との付き合いが発生する場合は、仕事仲間と割り切るのがおすすめです。仕事仲間と割り切ることができれば、感情に振り回されることなく業務に集中できるかもしれません。

環境を変えてみる

職場の人間関係で疲れたときは、思い切って環境を変える方法もあります。自分が態度や接し方を変えることで、職場の人間関係も少しは改善されることもあるようです。しかし、相手も変わろうとする意識がないと自分だけが努力し続けることになるかもしれません。

そのため、変化しない環境に悩むのであれば、転職を選択肢に入れるのがおすすめです。職場の環境が変わると人間関係も変わり、ストレスが軽減されることがあります。人間関係のストレスから解放されると仕事のパフォーマンス向上につながり、自分にも自信を持てるようになるようです。

誰かに相談する

職場の人間関係で疲れたときは、家族や友人など信頼できる人に相談するのも有効な方法です。人に相談することで、異なる視点から解決の糸口が見つかる場合があります。また、人に悩みを話すことで、気持ちが楽になることもあるようです。

職場内で不当だと感じることがある場合は、人事部や総務部に相談するのも良いかもしれません。職場いじめやパワハラだと判断された場合は、しかるべき対応を取ってくれる場合があります。1人で抱え込まず、第三者に相談して判断してもらうのがおすすめです

職場の人間関係で疲れないための6つのポイント

職場の人間関係で疲れないための6つのポイント

職場の人間関係で疲れないためのポイントには、次のようなものが挙げられます。

  • 3つの言葉を意識的に使う
  • 相手の良いところを見つける
  • 相手に期待しすぎない
  • 仕事だけの関係だと割り切る
  • 人と比べない
  • 嫌なことは断る

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

1.3つの言葉を意識的に使う

職場の人間関係で疲れないためには、「感謝」「謝罪」「賞賛」の3つの言葉を意識して使うのが良いと言われています。たとえば、上司や同僚、部下など立場にかかわらず、相手がしてくれたことには感謝の気持ちを直接伝えることが重要です。感謝されて嫌な気持ちになる人はいないため、良好な人間関係を築けることがあります。

また、失敗をしたときは、非を認めて素直に謝ることも大切です。変に言い訳をすると、相手に無責任な印象を与えてしまうことがあります。職場の人間関係にも影響が出るため、自分が悪いと感じたときは素直に謝罪するのが良いかもしれません。

さらに、頑張って仕事をしている相手には、賞賛の気持ちを伝えることが大切です。ポジティブな言葉をかけることで、自分に対する相手の印象が変わる場合があります。とくに、同僚や部下には積極的に賞賛の気持ちを伝えると、人間関係に良い影響をもたらすようです。

2.相手の良いところを見つける

良好な人間関係を作りたいなら、相手の良いところを見つけるのも有効な方法です。とくに自分と相性が悪いと感じる相手には、ネガティブな面ばかり意識が向いてしまうことがあります。しかし、視点を変えることで相手の長所が見えてくることもあるようです。

「こんな良い面もあったんだ」と思えれば印象が変わり、人間関係に良い影響をもたらしてくれることもあります。自分と相手との関係性のなかで良い面を見つけにくい場合は、第三者との関わり方を観察すると探しやすいかもしれません。

3.相手に期待しすぎない

職場の人間関係で疲れないためには、相手に期待しすぎないことも重要です。「上司なら〇〇してくれるだろう」「部下だから〇〇すべきだ」などと相手に期待しすぎると、自分の思い通りに物事が進まないときに失望しやすくなります。

それがストレスとなり、人間関係に疲れることがあるようです。一方で、他人の行動を変えるのは難しいですが、自分の行動次第で人間関係がうまくいく場合もあります。相手に求めすぎず、自分から歩み寄る努力をするのも良いかもしれません。

4.仕事だけの関係だと割り切る

職場では、さまざまな人が関わりながら業務を進めていく必要があるため、円滑なコミュニケーションが求められます。しかし、相性が悪い人がいると個人的な感情が入り、仕事上でのコミュニケーションに悪影響をもたらすことがあるようです。

円滑なコミュニケーションを図るには、仕事は仕事と割り切って業務に集中することが重要です。やり取りするなかで嫌な思いをしても、「そういう人だよな……」とあまり深く考えず、とにかく仕事に意識を向けるのが良いかもしれません。業務に集中することで余計な感情に振り回されなくなるため、人間関係のストレスを軽減できるようです。

5.人と比べない

職場の人間関係で疲れないためには、他人と比較しないことが重要です。上司や同僚など身近な人とは、無意識に比べてしまうこともあります。しかし、自分と他人を比べると自己否定や嫉妬心が生まれやすくなるようです。自己否定や嫉妬心が生まれると、ネガティブ思考に陥る場合もあります。

自分と他人は異なる人間だと割り切り、今の自分を受け入れてあげるのが良いかもしれません。自分の成長を確かめたいときは、過去の自分と比較するのがおすすめです。過去の自分と比べることで、普段気づけなかった成長を感じることができる場合があります。

6.嫌なことは断る

気を遣いすぎる人は、周りからの頼まれごとを断れないことがあります。心に余裕があるうちは対応できますが、自分の仕事量が増えてくると精神的な負担になることがあるようです。依頼する側は、相手に負担があると思わずに頼み事をしてくる場合があります。

頼み事にストレスを感じている場合は、断るのもひとつの方法です。「断ると迷惑をかけるかもしれない……」と思うかもしれませんが、引き受けられない理由を伝えれば、相手も納得してくれることがあります。自分で解決できないときは、人事部や総務部への相談を検討するのが良いかもしれません。

職場の人間関係で疲れたらカウンセラーに相談しよう!

職場の人間関係で疲れたらカウンセラーに相談しよう!

職場の人間関係に疲れるときは、相手の意見を優先しすぎてしまう、苦手な上司・同僚がいるなど、さまざまな原因が考えられます。このような場合は、新しいことを始めてみたり環境を変えたりすることで、人間関係でのストレスを軽減できることがあります。

ストレスが軽減されない場合は、カウンセラーに相談するのもひとつの方法です。カウンセラーとの対話を通して、職場の人間関係に疲れる原因や解決策の糸口が見つかることがあります。話をするだけでも心が軽くなり、仕事に前向きになれることもあるようです。

仙台女性カウンセリングサロン
「GARDEN」へのアクセス

JR仙台駅から徒歩4分、地下鉄仙台駅から徒歩1分、近隣には大きなコインパーキングのある場所にカウンセリングサロンがございます。どなたでもお気軽にご利用いただけるように「出張カウンセリング」もご用意しております。

営業時間
19:00~22:00